保育士の結婚事情。職場環境や出会いのパターン、婚活の方法まで

FrontPage

保育士の結婚に関する悩みや不安

子供の描いたおひさま

やんちゃで泣き虫で手のかかる、
でもカワイイ子どもたちが大好きな保育士さん!

はやく自分の家庭を持って、
もっともっとカワイイ自分の子どもが欲しいな!

そう思うのはとっても自然なことですよね。


でも・・・


保育士さんたちに特有の

結婚に関する悩みがあるそうです!


>> 婚活方法、知りたい方はコチラです...

とにかく、出会いが少ない!

男性の保育士さんが増えてきたとはいえ、
2011年現在、保育士全体の約4~5%に過ぎません。

20人に1人しか男性がいない職場では、女性保育士にとって、
そこでの出会いは低い確率と言わざるを得ません。


しかも、子ども相手でかなり体力勝負のお仕事!


くたびれはてて書類作成などは家に持ち帰りますが、
もちろん残業代も出ません。

合コンや婚活・恋活パーティーに行く気も起きず、
休日もごろごろするか、ひとりの趣味を楽しむか、
気合いを入れなくて済む女友達と飲みに行ってばかり……。


自宅にいて、せっかく料理や家事などの花嫁修業ができそうなのに、
疲れていてはそんな余裕も生まれず、ますます自信喪失……。


こうして、時間的、体力的、精神的に、
婚活に積極的になれない状態が続いてしまいます。

結婚したら離職しなくちゃダメなの?

女性保育士さんは、私立の幼稚園や無認可保育所の場合、
結婚すると、退職するような雰囲気がある職場が多いようです。

本来、お母さんの仕事を応援する役割の保育所で、
出産を機に退職は変なことなので、


その前の段階、結婚の時点での退職を

明に暗に勧められることもあるといわれます!


そのため、現在、政府では、出産(育児)後の潜在保育士の職場復帰を
推進する政策を実施中です。

しかし、園側のほうで、多少補正予算による補助金等を受け取っても、
経験があるけれどお給料の高いベテランより、
体力があり安く雇える新卒者を選ぶところも多いのが実情。

政府の指針通りに行くかどうかは未知数です。

「医者の不養生」ではないけれど、
子どもを見るプロが、自分の子どもを見ると仕事ができないなんて、
本末転倒ですね。

年収が低い

保育士の平均年収は2011年現在、約325万円。

特に無認可保育所だと200万~300万円代前半がほとんどです。


婚活市場で、一般のサラリーマンと比べても低い金額です。


男性にとってはどうしても自信が持てないもの。

婚活すると、基本的に男性が仕事や年収を隠しておくことはできません。
その場に出て行くのをひるんでしまう気持ちはとっても理解できます。

自分の仕事は好きだけれど、将来の家族ももちろん守りたい。


稼ぎたいのに、稼げないジレンマは、

かなり大きなストレスではないでしょうか?


このように、結婚への悩みも本質的で深く、
結婚に少なくない不安を抱える保育士さん。


男女かかわらず、優しくて明るい人柄は、
素敵な家庭を築ける能力と技術を持っています!


そして、何より本人の「結婚したい!」という願いは
他の職業よりずっと強いのではないでしょうか。

そんな保育士さんたちの婚活を成就するためのあれこれを、
このあとの記事で少し考えてみましょう!


出会いと恋愛


モテる職業か


男性保育士の結婚


婚活方法



【参考】婚活サイトランキングは信用できる?


powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

FXプライムでFX取引